福岡でレンタカー代を格安にする考え方

レンタカーが必要な日を絞り込む

福岡に滞在するときにはまずレンタカーが必要な日がいつかを考えました。福岡市内は鉄道もバスも交通網が発達していて早朝から夜中近くまで移動することができます。

市外に出ると突然公共交通機関を利用しにくくなってしまうためレンタカーが必須と考えました。市内にいるときには必ずしもレンタカーを借りる必要はなく、アクセスしにくいスポットに行きたいときだけレンタカーがあれば良いと考えると安く手配することが可能でした。

その日程に合わせて数日間は借りたままにするのか、レンタカーを必要とする日だけ借りるのかをまず決めるのが格安で済ませるために欠かせません。会社によって料金体系が異なるので借り方を決めないと比較して探すのも困難でしたが、借り方を決めてからはスムーズでした。

安いレンタカー会社の使い分け

福岡ではレンタカー会社が料金体系で独自性を出すことにより顧客を獲得する傾向があります。全国シェアのあるレンタカー会社は全般的にみて平均的に安めになっていますが、九州エリアを拠点にしているレンタカー会社は何らかの強みを持っているのが一般的です。軽自動車は安いけれど普通車は高い、ハイブリッドカーが格安だけれど他は平均並みといった形で車種で違いがある場合もあります。

一方、一時間の料金は安いけれど24時間では高い、48時間以上借りるとお得だけれど短いと相場並といった形でそれぞれに違いがあるので分類して使い分けることが大切とわかりました。

現地で突然必要になることも考えて、ケースバイケースで分類してから現地に行き、いざという時に備えておいたのは便利でした。

駐車料金を考えて借りる方法

車社会になっている影響もあり、レンタカーを利用する人が多い福岡には駐車場が比較的見つけやすく、主要な場所には必ずと言えるほど駐車場があります。その点で不便に感じることはあまりありませんが、駐車料金はかかる場所が多いことには注意しなければなりませんでした。

夜をまたいで借りるときには駐車場を用意しなければならないので、ホテルや旅館などで借りる料金も念頭に置く必要があったのです。私の場合はその料金が高く、毎日返すようにした方が格安になることがわかりました。あるいはホテルなどで利用するよりも一般の駐車場を手配した方が安上がりになったと後からわかったのです。その影響で私は朝に借りて夜に返すのを習慣にして福岡に滞在しています。