格安のレンタカーはオプションも考慮

標準装備を確認してからレンタル

福岡でレンタカーの価格比較をしていると格安で利用できるものがいくつもありました。ただ、価格差が大きかったので安かろう悪かろうではないかと疑ったのが結果的に成功に繋がっています。格安のレンタカーは一般的なレンタカーよりも何かでコスト削減を行ってい流だろうと考えて、標準装備の充実度にまず着目してよく確認しました。

ETCやカーナビの装備は標準的になってきていますが、格安の場合には別料金となっていたのです。一日あたりいくらという形か、一回のレンタルあたりいくらという形で課金されることになるので、必要かどうかはよく考えなければなりません。私の場合にはETCカードを持っていないので不要、カーナビは欲しいという条件で探しました。

標準装備の方がオプションで付けるより格安

比較してみてわかったのが、必要な装備については標準になっているレンタカー会社を選んだ方がオプションで選べる会社よりも安い場合が多いということでした。考えてみればレンタカー会社側の取り付け及び取り外しの手間が削減されると考えると当然ではありました。自分の希望に合っている装備のレンタカーがあるかと探してみると、福岡にはレンタカー会社の候補が多いので簡単に見つけ出すことが可能でした。

時間料金だけ考えると格安なレンタカー会社でカーナビを付けるのに比べると、一日あたり200円ほど安上がりにすることができました。スムーズに選び出せたのは標準装備になっていた方が安そうだという見方ができるようになったからです。

日数によって格安になる

別の機会に福岡に滞在したときには借りる期間が長かったので別の観点から格安にできる方法を探しました。ウィークリープランがあるという情報を手に入れていたので、6泊7日で借りるのが良いのではないかと考えたのです。このときは仕事で毎日レンタカーが必要だったので借りたままにしておく必要もありました。

予定は8泊だったので2日分の延長も含めて安上がりになるレンタカー会社を探したところ、ウィークリープランについてはかなり大きな価格差があるとわかってほぼ全社を比較せざるを得ませんでした。ただ、結果として重要だったのが追加の2日分の安さであり、ウィークリープランの価格よりも追加分の料金の方が差が大きくて比較するときの決定打になったのを覚えています。